プロフィール

趣味で始めた金属探知機(キンタン)も今では仕事と化しました。
私はジュン。
子供が出来たきっかけで15年続けたライブハウスを引退し育児中。
そのタイミングで築140年の古民家を購入し石川へ。
(この古民家サバイバルというブログも書いています。)

そして天気と娘が許せば
右手に金属探知機、 左手にベビーカーというスタイルであちこち掘っています。
日本でキンタン(金属探知機)を使ってるお母ちゃんがいたら是非お会いしたいです。
連絡ください。

金属探知機というと、金銀財宝ざっくざく、徳川埋蔵金わっはっは
という壮大な夢を連想されるみたいですが、
実はかなり現実的なアウトドアイベントです。
特にオーストラリアなどではビーチで一般的に使われているし
スーダンや南アフリカでは今すごいゴールドラッシュ。
売り切れて手に入らない状態が続いています。

でも日本ではトレジャーハンティングとしてのキンタンはまだまだ。
何を買ってどう使えばいいかもわかりにくいし
情報が少ないジャンルなので、みなさんが諦めないように
このブログを始めました。
私が掘り当てたいのは明治の貨幣などの古銭と、ビーチでジュエリー。
とにかく根気と情報を共有しようと思っています。

金属探知機を紹介してくれたのは私の夫のマイケルさん。
アメリカはニューヨーク出身、キンタン歴十数年(らしい)。
普段は英会話教室を運営したりしています。
ビリージョエルがご近所さんだったり、
アンディウォーホールとエレベーターで一緒になったりと、
そんなエキサイティングな街からなぜか福井の温泉街へ来たのが30年前。
今では日本人より日本人らしいところも垣間見えます。
十数年以上前にキンタンを始めた時は
まだSNSもYoutubeもなかったし情報が少なかったので
仲間もおらずすぐに諦めてしまった模様。
でも私は最初にキンタン話を聞いた時から忘れたことはなかった!
その後ひょんなことで結婚することになり
この人となら一緒にやっていける!と確信したのがキンタン。

今では立派な金属探知機のディーラーです。
キンタンの最高峰、プロ仕様のMinelab(マインラブ)と
実用的なGarrett(ギャレット)、両方取り扱いしています。

「金属探知機」略して「キンタン」。
これ、日本できっと流行らせます。
もし「キンタン」という言葉が一般的になったら私が最初です。

このブログでは、キンタンのハードルを下げるべく

・金属探知機の選び方から使い方まで
・場所の選定の仕方
・よくあるお困り事
・お宝紹介

などをご紹介していきます。

「一に忍耐、二にリサーチ、三にマシン」をモットーに
みんなで幸せ掴みましょう〜!

キンタンが気になったら!お問合せください