今日のお宝:昭和10年の一銭


今日のマシンもMine lab CTX3030。
しかもお楽しみは、初登場の6インチのスモールコイル。

6インチコイルに付け替え中

このマシンの良いところは、場所によってコイルの大きさを履き替え可能なこと。広いフィールドだと大きいコイルを履いて、小さいフィールドだと最小の6インチ(20センチほど)まで変えられます。もちろん感知する深さも変わります。大きいコイルは50センチ下のものも見つけられます。海外では金を探すのがメインストリームになってるようなので、深さが大事なのかなと思います。

今日は生後5ヶ月の娘を連れて手軽に近所の神社へ。蚊に刺されないよう防備も念入りに。八幡神社(やはたじんじゃ)です。「はちまん」と「やはた」と使い分けはどうやってんのかなと思いつつチャッチャと進むと、ものの五分でなかなか良いシグナル。

外国のキンタン(金属探知機)の動画とか見てると「オーコレハヨイシグナルネー」と言ってるのをよく聞きます。最初は良いシグナルって何が!?て思うかもしれないけど、マシンに慣れてくると分かります。

絶対条件は

「繰り返し同じシグナルを示すこと」

キンタンの難しいところは、埋まってるのが同じ金属でも例えば百円玉、地面に水平に埋まってるか垂直に埋まってる、かでシグナルは変わるし、もし百円玉のすぐ隣に十円玉が埋まっててもまた違うシグナルを出すところ。だからマシンの金属IDモニターでジャンクを示したとしてもプラチナだったりするし、また逆のこともある。
だからはっきりと繰り返し同じシグナルが強く出るというのが一番確実なのです。

で、強い繰り返しコーンコーンコーンコーンと出たこの良いシグナル、
深さ15センチだと出たので掘ってみる。
ちなみにこの深さはそこまで厳密ではない。
凹凸の激しい箇所だともちろん深く表示されるはずですね。
深さ5センチなら掘らなくても表面に落ちていることが多い。
掘った後はキンタンマンシップに則って、できる限り綺麗に戻してます。

さて、深さ15センチのターゲット。ピンポインターで確認し手応えあり。
しかしうーん、小さい。しかも軽くてデコボコ。これはボタンかな。

この後、5円玉を難なく発見したものの少し触ったら真っ二つに割れた。
今日は調子が良いと思ったのもつかの間、Ivyの指示により強制送還。

帰って洗ってみました。
おっまずは富士山が見える、菊の太陽が見える。
そして「銭」の文字発見。続いて「昭和」の文字発見。
どうやら昭和10年、一銭。でした。


状態も悪いものの、とりあえず満足満足。
今でいう20〜30円くらいかな?

それにしても良いサインです。また来よう。

キンタンが気になったら!お問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です