アウトドアフェスティバル:プライベートキンタン(金属探知機)レッスン


アウトドアフェスティバル前夜祭に引き続き
アウトドアフェスティバルプライベートレッスンの日の話。

オーストラリアのキンタン(金属探知機)メーカーで
私たちの持ってる一番高機種CTX3030の会社である
MINELAB(マインラブ)が展示会に出展するという話の続き。
インテックス大阪で開かれた「アウトドアフェスティバル2016」。
マインラブの技術者と営業マンから直々のご招待に加え、
しかもCTX3030のプライベートレッスンまでしてくれるという。
わざわざオーストラリアから来ることを思えば
生後2ヶ月の赤ちゃん連れてでも仕方あるまいと大阪まで出かけた。
技術者はマーティン、営業マンはジム。
前日は大阪の串焼きを一緒に食べてキンタン談義に花を咲かせた。
二日目はまたしても格式高いホテルのロビーで待ち合わせ。
マーティンがマインラブのウィンドブレーカーを着てでかいバッグを提げてきた。
そしてもう一人、日本人が来るのだと言う。
彼は東京から来たという背広の40歳くらいの人。
変わった人がいるもんやなあとお互い思ったと思う。

IMAG3684

さてさて今日のメインはCTX3030。
為替もあるけど今の時点で日本で買おうと思うと30万円ほど。
2時間ほどマーティンがデモしてくれたけれど
専門用語の多さとオタクっぷりと英語に私はついていけなかった。
それよりも当日の展示会でメインデモに使用する
GO FIND60が私は興味大あり。
小さいしシンプルだし、レジャー仕様だ。日本人向けだと思う。

GO-FIND20, GO-FIND40, GO-FIND60の3機種がある。
メリットは
・とっても軽くて子供でも問題ない。
・折りたためてピアニカみたいに小さくなる。
・複雑なセッティングはゼロ。
・2〜4種類のターゲットアイコンが点滅でお知らせ。
鉄くずかそれ以外の二つだけがGO-FIND20。
鉄くずか、コインか、ジュエリーか、点滅するのがGO-FIND40、60。
・アプリがあってスマホとBluetoothで繋げられる。

デメリットとしては
・ディスクリミネーション(金属識別機能)はとっても少ない。
・防水でない
・コイルの部分の防水は60cmのみ
・電池しか使えない

もう少し子供が大きくなったらGO-FIND60を持って
一緒にお散歩に行くのがとっても楽しみ。
実際、展示会では大人よりも子供のほうが大はしゃぎ。
歴史にも興味持つだろうし、おもちゃの域を超えてるけど
実用的なアクティビティとして最適。

つい先週までドル円が99円あたりだったのに今日は103円40銭!
もう少し落ちるまで買うの待とうかな。
為替と送料と関税とがあるのでまとめて余分に買います。
興味あればおしらせください。

しかしホテルのロビーっていろんなことに利用できるんだなあと
キンタンを何本もフリフリしてる集まりを遠巻きに見ててしみじみ思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です