マタキタ、キンタンママ!


キンタンママがやってきた。そう、キンタン(金属探知機)に魅せられたママです。
一度トライするともう一度ハンティングに行きたくてウズウズ。
それがキンタンマジック。

そういえば昨日の我が家のトップニュースはもちろん、
沖縄の勝連城(かつれんじょう)跡から4世紀あたりのローマ帝国の銅貨4枚と、
17世紀のオスマン帝国の銅貨1枚が出てきた、というニュース。
どうやらそこいらの帝国のコインが遺跡から出てきたのは日本初だとか。
すごい発見ではありませんか。
でもそれより私たちが気になったのは誰がどうやって発見したのかです。
おそらく遺跡の発掘許可を得るくらいなので個人のトレジャーハンターではないんやろうなあ。
しかも銅。金属探知機使ったのかしら?

先日も近所の廃寺を見に行った時、発掘作業をしていた人たちがいた。
怪しくないように赤ちゃんを抱っこして何してるんですか〜?と声をかけてみた。
そしたらば現場監督まで呼んできてくれて
奈良平安時代の瓦が出てきてるんですと教えてくれた。
私たちみたいなロマン半分、実益半分でやっているトレジャーハンターには
到底真似できない手作業オンリー。キンタンが普及しないはずだ。

さて本題。
今日はリクエストにお答えして、キンタンママ登場!!!
特徴は、身重なのにこの身軽な装備。
これでいいんです。

p9150362

こういう場所ならトレジャーハンティングは危なくない。
危険なのは虫刺されくらいでしょう。
マシンはギャレットのAT Proと、ピンポインターにギャレットのプロポインター。
そして今日のニューアイテム!アメリカから輸入しましたこの掘り掘り。

「DIGGING USE ONLY!」(掘る専用!)

p9150374

ホームセンターで買ったスコップは、
地面が硬いと手が滑って刃まで行ってしまいそうなことがあった。
なので、そのガードが付いてるのがありがたい!
そして、根っこをカットする刃と、草を切る鎌に用途が分かれている。
そして、右利き左利きと選べるのも良い。

今回もまた北陸はF県F市、堤防沿いで開催される花火大会の跡地を狙いました。
前回、いの一番に500円玉を2枚発見したので今回は念入りに見ることに。
でもやっぱり前回で見つけきったのか、今回は浅いとこのシグナルは少ない。
プルタブが5つほどと、釘が3つほど、乾電池に古い空き缶。
立て続けにゴミ拾い活動をしてもう時間切れかというときに、p9150367

キター!キンタンマママタキター!!!
強いシグナルでした。地表近くに明らかなコイン。

 

 

ちょっと曲がった5円玉1枚ゲット!
そして、幼稚園バスのお迎えにパタパタパタと帰って行きました。
いいお散歩です。

さて、ただでさえママは荷物が多いのです。
だからもっとコンパクトでシンプルなものが良いのは当然。
一番欲しかったハーモニカサイズのキンタンで、
マインラブから出てるGO-FINDシリーズが手元にやっと。。。
ややこしい機能はとことん省いた、忙しいキンタンママにぴったりのもの。
しかも折りたたみ式なので車にいつでも積んでおける。これ素晴らしい。
このレポートはまた次回に。

興味があれば是非ご一報を!お問合せコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です