祭りの後の芝生はロマンがいっぱい


いつもの怪しい草刈り中みたいな人から
一気にトレジャーハンターらしくなりました。
このキンタンホルダー、ベストのようなもののおかげ。
おニューなんですっフッフー!

おニューのキンタンホルダー(ベスト)

今日の装備はいつものように、
ヘッドフォン
サングラス
キンタンホルダー(ピンポインターやスコップも留められるのが最高!)
マインラブのCTX3030
ギャレットのピンポインター
根っこ切りスコップ

今日は先日大きな花火大会があったグラウンドを探索。
残念ながら屋台の出ていたところは土の野球場で、
翌朝きれいサッパリ掃除されていました。
おまけに土の下は硬い硬い。とてもスコップ刺さらない。
そのまたおまけに人が花火鑑賞していたのはこの石の階段。
これでは誰もコイン1枚見逃すまい。
ということで、その隣の芝生広場へ。
始めて5分で一箇所から4枚の硬貨発見。
夫に言わせると私は「クイーンオブ10円玉」なのだと。
その通りなのが辛いところ。
娘による強制送還までの50分で

100円×1枚
10円×3枚
5円×1枚
1円×1枚
合計136円発見。
芝生はほんの10m×10mくらいしかできなかった。
またすぐに来よう。

明日は福井でまたいつもの花火大会跡地へ姉と行きます。
姉もまたキンタンママなのです。
そして、なんと彼女は「クイーンオブ500円玉」!
二日連続500円玉を3枚掘り当てたりしてます。
明日の会場は、掘りやすく広く、怪しくなく近い。最高です。

ワンポイントアドバイス。
公園などでは木、ベンチの側によく落ちてます。
そして1枚落ちてたらその周りにさらに落ちてることが多いです。

ワイヤーの反応と、電気線をスコップで切らないように要注意!

祭りの後は硬貨だけではなくて、綺麗なジュエリーもよく落ちています。
LOVEの形の片方だけのイヤリング、フェイクの真珠、鍵、
名前の入った指輪など。
自分が中学生の時にフェイクの飾りをつけて浴衣着て
好きな子に会えるかなとか期待しながら花火大会に行ったことなど
20年も思い出したことのない記憶が急に蘇ったりしました。

一般的に見て価値のあるものは、警察に届けます。
その過程はこの記事「金属探知機で拾ったお金を届けに行く」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です