今日のお宝、桐一銭青銅貨(1936)


年内のリフォームをする前に家の中をキンタン(金属探知機)しなくては、
という焦りとともに、久しぶりに床をめくってみた旦那さんのマイケル。

今日のマシンはマインラブCTX3030。
頭にはフラッシュライト。胸にはグリーンランタン(アメコミのスーパーヒーロー)。

p9100289

やっぱり囲炉裏の近くで良いシグナル。
この模様は近々動画でアップする予定。

オレオに見えてきた一銭。ブロンズ。

前も馬小屋でアルミの一銭を見つけたけど(記事こちら)これは大きさも違う!
大きくてまるでオレオ!裏を返すと

p9100305
桐マーク。昭和11年とある。(1936年)文字は肉眼では見えにくい。

大日本。昭和11年と見える。
そこでこのカタログの出番。

日本貨幣カタログ。1500円なり

p9100307

昭和11年(1936年)とあると、なーんだ新しいわ、と思ってしまうけど
それでも80年前という年代物。
発行枚数は109,170,428枚とかなり多い。
綺麗な状態でも60円というので価値はない。
でもまたコレクションに入れることができるってうれしい!


明日もまた続く。
キンタン(金属探知機)が気になってきたら、お問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です