床板をめくると大小の囲炉裏と隠し穴発見


先日、うちの庭で一円玉を見つけたとご紹介しました。
庭は蔵の前にあるのですが、家のポテンシャルはなかなか高いので今日はそれをご紹介。

旦那さんと古民家を探し続けて出会ったこの一軒、明治12年(1879年)つまり築137年の本格的古民家です。まだエジソンが白熱電球を発明したとかそんな時期です。私たちはそんなこの家に一目惚れして石川県に移り住んだくらい気に入ってしまったのです。最初はイヤイヤ見に来た私でしたが、家の中に一歩足を踏み入れたら別世界が待っていました。
高い天井に、四本のえげつなく太い梁が不動明王のように威圧的に構えています。どこもかしこも黒く煤けた天井。どれが大黒柱なんだかわからないくらい太い立派な栗の木の柱がそこらかしこに。複数の囲炉裏の後。細部にわたって良いもの使ってると一目でわかるような代物でした。

大広間の27畳間、畳をめくって捨てました。すると出てきたのはこれまた黒光りする板の間。確かにこの家ができた頃はこの板の間に座っていたに違いない。見渡してみると、直径2センチほどの大きさのいびつな穴が空いてる板が数カ所。ちょうど指を差し込んでみたくなるちょうど大きさの穴なんです。
めくってみると、あっ!隠し扉になってる!それと、小さな囲炉裏も出てきた。これはキンタン(金属探知機)を使うまでもなくお宝のツボ発見!?と正直思った。
当たり前だけど、囲炉裏って石で囲まれてるんですよね。板の間の下には垂木が走ってるだけでその下はもう地面。メインの囲炉裏は深さ1mくらいでしょうか。石で囲まれてて中は灰で埋まっている。その囲炉裏の隣にまた怪しい囲まれた場所がある。これこそお宝のツボでも隠してあるんやわ!と胸はドキドキ。早く早くと急かしてキンタンを中に差し入れた。やっぱり周りの釘に反応して効率が悪い。灰の中から早速反応したものを引き出してみる。第一号はアルミホイル。つまり結構最近なのね。。。と急にテンションが下がってしまった。
隣の穴のことをご近所さんに聞いてみたところ、野菜の貯蔵庫に使ってたと。でもその他に、ここは年貢を隠す場所だと言われたりなかなか興味深いと思います。ああそれにしても137年の間に誰か一人は銀貨一枚くらいは落としてるでしょう!
誰一人、何一つ落としてないという方が難しいはず!

貯蔵庫にも灰が深さ50センチほど入っていたので、水を入れて舞い上がらないようにして、業務用掃除機で吸い出す。かなりの量です。結局何も出てきませんでした。
次は囲炉裏に挑戦だ。みなさん、忍耐をもってついてきてください。
必ずみんなが度肝抜くような何かを見つけてみせるんや。

キンタンが気になったら!お問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です